【Fiverr(ファイバー)】たったの5米ドルで仕事を依頼や発注できる。

Fiverr(ファイバー)とはどういった企業なのか

Fiverr(ファイバー)はイスラエルのテルアビブに本拠地を置く、フリーランスの仕事紹介を行うプラットフォームを提供する企業です。

2010年にサービスが開始されたまだ歴史の浅い企業ではありますが、すでに世界的なシェアを持っており、世界中のフリーランサーから多くの支持を受けている企業、サービスとして認知されてます。

現在はアメリカを中心にサービス提供を行っており、何でも5米ドルで仕事が依頼できると言う点から依頼者側の支持も大きいものとなっています。

クラウドソーシングサイトとしてはとても使いやすいというメリットなども多いことから、日本においても利用するフリーランサーが徐々に増えているサービスです。

Fiverrの基本的な使い方

Fiverrの基本的な使い方としては、デザイン、オンラインマーケティング、ライティング、動画・アニメ制作、音楽制作、プログラミング、広告代行、ビジネス相談、プレゼント作成と言った依頼を行うことや受注することです。

データ形式によって納品

基本的にオンラインによるサービスなので、データ形式によって納品できるサービスが提供されており、上記のサービス以外にもオンラインで納品できるものであれば、歌を歌った動画を納品することやチャットの相手と言ったユニークなものも提供されることがあります。

身元証明などを行う必要なく利用

基本的な使い方としてメールアドレスによるアカウント登録(FacebookやGoogleアカウントでも利用可能)、Paypalによる支払いを行うためのクレジットカード登録と言った手続きを行います。

日本のアウトソーシングサイトのように身元証明などを行う必要なく利用することが可能です。

基本的な使い方としては、これだけですが、やり取りなどの操作はログインを行うと感覚的に分かるため、実際に登録し利用するのがおすすめの方法になります。

Fiverrのメリット

Fiverrのメリットは多いです。

市場規模、参入のハードルが低い、様々なアイデアを売りにできるという点が主なものになります。

市場規模

市場規模はアメリカを中心に世界有数の規模を誇っており、1ヶ月で約4,000万アクセスとなっています。

これは国内のクラウドソーシングサイトの規模をはるかに超えるものとなっており、その分自分のギグと呼ばれる小規模な1回限りの仕事を人に見てもらう機会も多く、受注したり発注したりが活発に行われているというメリットが行われます。

そんな仕事を5米ドルから受注、発注できるのは大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

参入ハードルの低さ

参入のハードルが低いという点もメリットです。

匿名での利用も可能なので、外国人であることの弱さもありませんし、そういったものを気にせず受注あるいは発注できるので海外のクラウドソーシングと言ってもそこまでハードルが高くはありません。

それに、金額も先ほどお話しした通りの安さですから気軽に利用できますし、仕事のクオリティもそこまで極端な高さを求められないので思い切って受注することもできます(ただ、あまりに極端な態度をとると悪いレビューを書かれてしまうので注意です)。

こういった敷居の低さは大きなメリットと言えます。

商売になりそうなアイデア(ギグ)の売り込みができる

様々なアイデアを売り込んだりできるという点も大きいです。

ギグは自由に作成できますから、自分の考えた商売になりそうなアイデアを思い切ってFiverrに登校してみるということもできます。

これは大きなメリットで、歌を歌う動画を作ることやチャットの相手と言ったアイデアも十分商売として成り立ってしまうという懐の広さもメリットです。

これら以外にも価格設定の自由度、仕事を選べると言ったメリットもあり、なぜ全世界に普及したのかということが分かるくらいメリットの多いサービスと言えます。

Fiverrのデメリット

Fiverrには残念ながらデメリットもあります。

それは海外のサイトであるということ、競争があるということです。

海外のサイトであるということは当然日本語に対応していません。

日本語が通じない

クライアントや発注先も日本語が通じませんし、外国人の独特の商習慣や考え方に対応する必要があるという言語や文化の壁があるという点を挙げることができます。

しかし、これらの点は慣れてしまえばそこまで苦になるものではありませんから、積極的にアプローチしていくのがおすすめです。

また、英語も文章でのやり取りがほとんどなので外部の翻訳サービスを利用したり、簡単な英語で対応すれば何とか行くことも少なくありません。

仕事が多い分ライバルも多い

Fiverrのもう一つのデメリットは仕事が多い分ライバルも多いということです。

ライバルが多いと人気の仕事はすぐになくなってしまいますし、人気のギグはすぐにまねされます。

そういったデメリットもあるため意識する必要があるのです。

国内にはない可能性を多く見出してみよう!

Fiverrはアメリカを中心としたクラウドソーシングサイトです。

このFiverrでは簡単にアカウントが登録でき、様々なアイデアをお金にすることができます。このFiverrを利用すれば国内にはない可能性を多く見出すことができるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました