越境ECと海外との商習慣と文化の壁

近年では海外市場を開拓しようとしている日本の企業がどんどん増えてきています。
というのは、日本で少子高齢化が進むのに伴い、今後は国内の市場が狭くなることが予想されています。そのため、輸出事業に手を入れている企業が後を絶ちません。

初期投資を減らせる越境EC

もちろん、海外進出は結果がでるまでにはそれなりの初期投資が必要となります。
しかし、成功できるかどうかも分からない事業においていきなり現地法人を設立したり、店舗を出すようでは膨大な資金がかかってしまうため、財力に余裕のある企業でない限り、チャレンジするのは難しくなります。

このようなハードルを下げるために、現在注目されているのが「越境EC」です。

越境ECの概要と商習慣、文化について解説

越境ECの概要

越境ECとはインターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引です。

初期の投資では、外国語のサイトを設け、多言語多通貨の対応の仕組みを設ける必要があります。そして、海外のお客さんより注文があると、日本から商品を海外に発送する、という流れになります。

すべての商売がインターネット上で完結できるため、実店舗を設けるよりコストを大幅に下げることが可能になります。

言語の壁について

越境ECで取引をするというのは、貿易取引をすることになるので、対象国の言語をホームページやお客さんとのやりとりにおいて使用する必要性がでてきます。

商習慣やサイトのレイアウトの壁

そのため、多言語に対応できない企業は越境ECを導入することが難しくなります。

さらに、言語だけではなく、「サイトのレイアウト」においても日本企業バージョンと全く同じものを導入したらよいという訳ではありません。

というのは、国においては文化や風習が日本と異なるところもたくさんあるので、自然と色やモノに対する印象も国によって変わってきます。

そのため、デザインを現地好み風にした方がいい時もあるので、異文化に精通している人員がいる企業の方が越境ECに向いている場合もあります。

例えば、日本のネット通販では馴染みがありませんが、中国の大手通販サイト「タオバオ」では、購入前に売り主とチャットで問い合わせをするという買い方が主流なっています。
日本でいうと、フリマサイトの「メルカリ」で買い物をするスタイルと似ているとも言えます。

商品に対して問い合わせが来た時はもちろん、使用言語は外国語となるので、それを随時対応できるスタッフが常駐している必要性があります。

なので、外国語のwebサイトを設備したからといって、越境ECの準備が完結するというわけではありません。

販売ルートの構築とコミュニケーション

IT産業がますます盛んになっているため、インターネットのみで完結する取引もあたり前になってきました。

その中で、自社の製品を海外に広げるために注目されているのが「越境EC」です。
ネットのおかげで販売ルートの構築のハードルが下がっている一方で、やはり人と人のコミュニケーションが現在でもかなり大事です。

コミュニケーションのハードルを下げる「言語の壁」をしっかり超えた対応をすると、ますます海外進出の可能性が大きくなるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました