越境ECの基礎知識

越境ECとは、日本国内に留まることなく、海外にもネットショップを出店して、さらに多くの顧客を相手に商品、もしくはサービスを販売することです

海外の市場に目を向ける。

商品を輸出販売するだけではなく、デジタル関連の商品を販売するサイトも増えています。インターネットの利便性を活かして、海外の市場に目を向ければ、国内だけの市場に比べて、圧倒的に大きな市場で商品を販売したり、サービスを提供することが可能になります。

越境ECのメリット

越境ECのメリットとしては、上記の通り、大きな市場で商品を販売したり、サービスを提供できることが挙げられます。しかし、ネットショップを日本国内だけで出店するのに比べると、事前に準備しなければない事項が多くなるのも事実です。日本とは言語、決算システム、配送システムなど、様々な違いがあるので、それぞれの国の言語、決算システムや配送システムに対応する必要があります。

現地に対応する。

越境ECで海外にネットショップを出店する場合、自社で様々な国に対応する方法だけではなく、現地で法人を設立したり、各国のショッピングモールサイトを利用するという方法もあります。各国のショッピングモールサイトを利用すれば、決算システムや配送システムといった面で、出店をスムーズに行える場合があります。

言語の壁に対応する。

越境ECで、何よりも最初に越える必要があるのが言語の壁です。各国のショッピングモールサイトを利用する場合でも、ショッピングモールサイトの利用方法や契約に関する文章が読めるだけではなく、商品やサービスの説明文が書けるくらいの語学力を持った人材が必要となります。決算システムに関しては、クレジットカードが基本となりますが、PayPalなどの決済サービスが広く普及している国では、それらの決算サービスに対応することで、購入率を高めることが期待できます。

法律や規制、為替リスク

越境ECで海外にネットショップを出店する前に確認しておきたいのは、言語、決算システム、配送システムだけではありません。各国の法律や規制に関することであったり、輸出や輸入に関する規制や関税なども確認する必要があります。また、外貨決済の場合は為替変動リスクがあることも覚えておく必要があるでしょう。

越境ECの重要性

ここまで越境ECの基礎知識から確認しておきたい事項を中心に書いてきましたが、越境ECの市場規模は以前に比べると遥かに大きくなっており、日本国内での商品が落ち込んだ場合に備えて、越境ECの重要性は増していくと考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました