越境ECでAmazonに出店する方法

現在、日本では商品をインターネット通販で購入、販売が当たり前の時代になりました。

購入する側にとっては家にいながら商品を購入でき、販売する側は販路の拡大と売上アップに繋がっています。

越境ECを始めてみよう。

しかし今後、国内市場は消費が縮小していくことが懸念され、さらなる市場拡大のために海外に向けた販売の越境ECが注目されています。

そして、ECモールを利用した出店だと比較的簡単に越境ECを始めることができるのです。

そこでECモールでも、世界規模で展開しているAmazonの越境ECで出店する方法について紹介します。

Amazonで越境ECをする方法

Amazonで越境ECするには大きく分けて2つあります。

・Amazon.co.jpのマーケットプレイスに出店して海外からも注文を受ける。

・Amazonグローバルセリングを利用する。

以上の2つがAmazonの利用で越境ECする方法ですが、それぞれ内容が違うので紹介します。

Amazon.co.jpマーケットプレイスに出店

Amazon.co.jpマーケットプレイスに出店には、まずセラーアカウントを取得します。

セラーアカウントは比較的簡単で必要事項を入力すれば2~3日でアカウントを取得できます。

しかし、Amazon.co.jpだと国内向けだけだと思われますが、海外からの問い合わせや購入もあるのです。

ただ、海外向けの販売といっても商品を掲載しているサイトは日本語表記なので主に対象となるのは、海外に住んでいる日本人や日本語の理解できる方に限られます。

Amazonグローバルセリングの利用

Amazonグローバルセリングは、日本から北米、ヨーロッパ、アジア(日本のみ)の地域へ販売できるサービスです。
このサービスを利用するには、まずAmazon.co.jpマーケットプレイスでセラーアカウントを取得し、次に出店したい海外のマーケットプレイスのセラーアカウントとAmazonグローバルセリングのセラーアカウントを取得します。
これでAmazonグローバルセリングを利用した海外販売が始められます。

Amazonで越境ECする問題点

Amazonで越境ECする2つの方法を紹介しましたが、海外販売ならではの問題が2つあるので紹介します。

言語の問題

当然のことですが、海外販売するにはその国の言語で出品しなくてはなりません。
そのため、その国の言語に詳しい必要があります。

発送方法

Amazonには、FBA(フルフィルメントby Amazon)という独自配送システムがあるのですが、

Amazon.co.jpだと、FBAは利用できないので独自で発送しなくてはなりません。

AmazonグローバルセリングではFBAを利用できますが、現地法人や管理事務所を設置しない場合は輸入代行業者を依頼する必要があります。

また、返品の対応についてもAmazon.co.jpマーケットプレイス、Amazonグローバルセリングともに同じことが言えます。

まとめ

Amazonで越境ECをする方法を紹介しました。

Amazonの利用で簡単に越境ECを始めることができますが、言語の壁や発送方法をクリアする必要があります。

しかし、最近ではAmazonでの越境ECをサポートしてくれる企業もあるので、もし始めるなら相談してみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました